せどり

仕入れ先の店員さんを味方に付けるある方法とは?

投稿日:

どうも、ゆういちです。

 

せどりで一番重要な部分って仕入れですよね?

 

仕入れさえうまくいけば、せどりは稼げたも同然です。

だって、利益の出る商品しか仕入れませんからね。

 

なので、せどりはいかにたくさん仕入れができるかにかかっていると言えます。

 

もし、仕入れ先の店員さんを味方に付ける事ができたら、今までよりも仕入れが有利になると思いませんか?

geralt / Pixabay

もし、店員さんを味方に付ける事ができたら・・・

  • 購入制限のある商品も複数購入できるかもしれない。
  • 倉庫にまだ在庫がたくさんある場合、こっそり教えてくれるかもしれない。
  • 在庫がなくなったら他店から取り寄せしてくれるかもしれない。

なんて事があるかもしれません。笑

 

今日は、店員さんを味方につけるある方法をお伝えしますね。

まぁ、100%味方になってくれるとは限りませんが・・・。

 

その方法とは?

 

いつも行ってるお店の店員さんの名前を覚える事です!

そして、店員さんを呼ぶ時は、店員さんの名前で読んであげる事です!

 

人は自分の名前を覚えてもらうと、自己重要感が満たされます。

Pezibear / Pixabay

自己重要感とは、自分は大切な存在なんだという自己認識です。

別名、自尊心とも言います。

 

人は自分の名前を覚えてもらえると、とても大切に扱ってくれたように感じるんです。

 

例をあげると、アメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネーギーの有名な話がありますね。

 

カーネギーは子供の頃、うさぎをたくさん飼っていました。

なので、うさぎのエサを集めるのがとても大変だったそうです。

 

そこで、カーネギーはある方法を考えつきました。

その方法とは、うさぎのエサを取ってきた子供には、その人の名前をうさぎに付けてあげるというアイデアです!

 

もし自分と同じ名前のうさぎがいたら、なんか可愛くなってしまいますよね?

Xaya / Pixabay

カーネギーはそこに目を付けました!

 

カーネギーは幼少の頃から人の心を捉える天才だったんですね!

 

鉄鋼王と呼ばれていたにも関わらず、カーネギー自身は鉄鋼について何も知らないといったくらい無知でした。

 

しかし、カーネギーの周りには、とても優秀な人が集まっていました。

それは、カーネギーが人の心を捉えて、人を動かす天才だったからなんです!

 

このエピソードは、デール・カーネギーの名著「人を動かす」に書かれています。

カーネギーの人を動かす

 

とても素晴らしい本なので、ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

 

ちなみに、僕の実体験を話しますね。

 

僕はいつも行く仕入れルートにあるお店があるのですが、そこの店員さんの名前を覚えて、その店員さんを呼ぶ時は名前で呼ぶようにしたんです。

 

そしたら、その店員さんは、僕の事をとても気にってくれて、「お探しの物がある時は、言ってくださいね。倉庫に探しに行きますから。」なんて言ってくれるようになりました。

mohamed_hassan / Pixabay

その店員さんのおかげで、僕は今までいろいろと仕入れられた経験があります。笑

 

もちろん、100%うまくいくとは言えませんが、名前を読んでもらった店員さんはきっと喜んでくれるはずですよ!

 

ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

では、では。

 

無料メールマガジン

ゆういちの無料メールマガジンでは、
ブログには絶対書けないさらにさらに濃い情報を発信しています!

また、せどりだけではなく、
ゆういちが、豊かで幸せになるために役立つと思ったものを紹介していきます!

無料メールマガジンに登録する

-せどり
-,

Copyright© せどねっと , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。